痩せれる食欲抑制剤の中にも様々な種類のお薬がある?

食欲抑制剤は何種類くらいある?

食欲抑制剤は何種類くらいある?

肥満治療薬にはいくつか種類があり、「食欲抑制剤」や「脂肪吸収抑制剤」などがあります。食欲抑制剤は高度な肥満の減量のために治療する際、食欲を抑えて過度の食事を防止する薬です。

主にマジンドールや塩酸シブトラミンを主成分とした薬があります。食欲抑制剤は脳の中枢神経に働き、食欲を抑えることが可能です。

脳内の神経伝達物質「セロトニン」が少なくなると、空腹感を感じますが、この食欲抑制剤は食欲中枢に働きかけるので、セロトニンが減少することを抑制し、この作用によって空腹感を抑えることができ、過食を防ぐのです。

基本的に、肥満度を表す「BMI」が35以上の高度な肥満症患者であると処方されることになります。BMI計算方法は「体重kg÷(身長mx身長m)」で算出することができ、35はかなりの太めの人になるでしょう。

脂肪吸収抑制剤は食事で摂取することになる脂肪分、いわゆるカロリーを大幅にカットし痩せることができる薬です。食欲抑制剤との違いは副作用があまりありません。使用する際、食事制限することもなくストレスフリーで減量することができます。

カロリーを30%ほどカットすることができ、服用をスタートしてから2週間ぐらいでダイエットの効果が実感できるでしょう。脂肪吸収抑制剤に使用している成分にはオーリスタットがあり、脂肪分解酵素の作業を阻害したり、吸収されるカロリーを軽減することが可能です。

ダイエット中でも普段通りの食事ができ、ストレスがないダイエットを行うことができるでしょう。

食事による脂肪分は胃や膵臓から分泌される「リパーゼ」という消化酵素によって 脂肪酸とグリセリンに分解され、脂質が脂肪酸に分解され、小腸表面の細胞から吸収されるのですが、脂肪吸収抑制剤はリパーゼと結合し脂肪の吸収を阻害することが可能です。

痩せる方法としてハードルが低く努力がいらないのでおすすめです。極端に食事の量を減らしたり、特別なダイエットも不要で、 普通に食事することができます。食後1時間以内に服用すると、摂った食事の脂肪分の吸収をブロックしてくれます。

これらの薬はインターネットを利用して医薬品専門の通販サイトなどで購入することができ、リーズナブルな価格で購入することができるでしょう。

食欲と戦いながらダイエットする必要もなく、自然に体重を減らすことができるので、ストレスフリーで減量に取り組むことが可能です。幅広い世代の人が利用しています。